2012年02月21日

testflightへのデバイス登録で

iOSプログラムのテスト配布には、私もTestFlightを活用しています。

が、先日ちょっとした問題を見つけてしまいました。

受託開発がメインになるのですが、たまたま持っていない種類のデバイスをテスト環境として使うので元請け会社さんからデバイスを借りました。ちなみに開発用にXcodeから直接ダウンロードして使うのはなるべく1台にしてそれ以外の動作確認は(その機種固有の問題を追跡するのでないかぎり)βテスト配布と同様に一旦TestFlightに上げてから確認しています。

なので、その借りた機種で確認するためTestFlightにデバイス登録したところ、自分のアプリ以外のアプリがリストに表示されるではありませんか。

TestFlightではUDIDを使ってデバイスとテスト可能なアプリケーションとをひもづけていますが、たまたまそのデバイスを使って他の人が登録したテスト対象とのひも付けが残っており表示されたのだと思います。

ログイン時にメールアドレスでも認証するのですが、このメルアドはひも付けには使われていないみたい。


今回は、他のアプリの開発もやっている会社から借りたデバイスであったためその会社が以前開発したアプリが表示されました。確率的には低いかもしれませんが、テストに使ったデバイスが中古で他の人の手に渡った場合、たまたまその人がTestFlightに登録したらどうなるでしょう。全然知らない人に開発中のアプリケーションが公開されてしまうことになるかもしれません。

ちなみに今回はインストールまではしていません。のでリストに見えるだけでインストールはできないかもしれません。それにしても開発中のアプリの情報が見られるのは好ましくありません。

ということでテストが終わった場合、あるいはしばらくインストールされないような場合にはTeamからデバイスの情報を削除するほうがいいと思われます。

今回は前利用者も現利用者もiOSアプリの開発に携わっているという希なケースですし、NDA契約下にある利害関係者同士なので問題にはなりませんでした。が、場合によっては見せなくない人に見られてしまうこともないことはないので気をつけた方がいいでしょう。



ラベル:TestFlight IOS
posted by 永遠製作所 at 13:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPod touch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。