2012年03月27日

Lionでスマートフォルダ


Lionにしてから色々不便になった点があるのだが、その一つがスマートフォルダ。

Snow LoepardまではFinderのサイドバーに「今日」「昨日」「過去一週間」「イメージ」「ムービー」「種類」など特定のフォルダに固定的に入っているものではなくその時その時に条件に従って検索した結果を見ることができるフォルダでリアルタイムに結果が変わる。

sidebar1.png

sidebar2.png

しかしこれがLionでは設定からなくなっている。だが完全になるなってしまったわけではない。以前から存在した「保存された検索」という機能がある。これをサイドバーに組み込むことができるのだ。

作成方法は二通り。検索対象にしたいフォルダを選択してFinderの検索窓に検索文字列を入力して検索を開始する方法。

savedSearch3.png

あるいは同じようにフォルダを選択してコマンドFで検索を開始。ここで+で条件を追加していく。例えばホームフォルダで「種類が書類」かつ「最終変更日が1週間以内」とするとSnow Loepardの「過去一週間」とほぼ同等の検索結果が得られる。

savedSearch5.png

ここで「保存」ボタンを押して「保存された検索」フォルダに保存しつつ「サイドバーに追加」をするとサイドバーの「よく使う項目」に追加されることになり、その項目を選ぶだけで簡単に検索結果を得ることができる。

savedSearch4.png

一番良く使う「今日」だけ作ってみた。これがあればいちいちフォルダ階層をたどって行く必要がなく便利である。もちろん色々なアプリケーションで使われているファイルを開くダイアログでもサイドバーに追加した項目は見えているので簡単にアクセスできる。

savedSearch1.png

Lionではなぜだがフォルダが前にアクセスしたフォルダがデフォルトにならず必ずデスクトップなどそのアプリケーションごとに決められたデフォルトフォルダになってしまっているので「今日」とかのフォルダがあると便利です(保存時には使えないのが難点)。

この過程で判ったのだがオートセーブに対応したアプリケーションで未保存の書類は「ライブラリ」フォルダ中のAutosave Informationに「保存されていない…」という名前で保存されているみたいだ。

savedSearch2.png
posted by 永遠製作所 at 01:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac OS X | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック