2014年11月25日

iOS8に適用する『Sprite Kit iPhone 2Dゲームプログラミング』(その3)

『Sprite Kit iPhone 2Dゲームプログラミング』のiOS8対応というわけではないが、コードの掲載漏れと思われるものが一箇所あったので(著者とはなんの関係もないが)訂正しておく。これを除くと紙面掲載のコード(+画像リソース)だけでサンプルコードが完成するだけにもったいない。

(正誤表により訂正したコードは必要)

8.2.3プレイヤーキャラの配置



GameScene.h中


#include "CharacterNode.h"

@interface GameScene : SKScene
@property (strong,nonatomic) CharacterNode *playerNode;
〜略〜
@end


あと明記されていないが、GameScene.mのコード断片は-initiWithSize:の最後に追加(または-moveToView:)。

8章は紙面の都合からか、ゲームオーバー処理など省かれている。他の画面と同様だから読者への宿題ということだろう。
posted by 永遠製作所 at 21:43| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | iPhone/iPod touch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ですよね!
「どこにも宣言されてないぞ??」
と、昨日は頭の中が?マークでした。
助かりました。
ありがとうございます。
Posted by at 2015年03月23日 23:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409564713
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック