2015年10月21日

【書籍】ゲームプランナーの新しい教科書

『ゲームプランナーの新しい教科書 基礎からわかるアプリ・ゲームの発想と仕掛け』を読んだ。




iOSの開発本とは少し違うが、ゲームも専用機やパソコンではなくスマホやタブレットで遊ぶものが主流になってきている。そんな時代にまったくゲーム開発したことがない人向けにゲーム開発のイロハがわかるように書かれた本。


全ページ上質紙にフルカラーでやさしいキャラのイラスト満載だし、細かいセクション分けしてあるので非常に読みやすい。

具体的なコードはないが、ゲームの種類を細かく分類分けしてそれぞれの特徴を説明。それら個別のゲーム種類ごとの開発時の留意点と種類に関わらずゲーム開発をするときにどういう手順で開発するのかを丁寧に説明。

従来型とは違う、現代的なスマホなどで採用される典型的なユーザーインタフェースなど実用的な内容も豊富。

今までゲーム開発したことがないし、ゲーム開発会社にいるわけでもない人が、どこから手をつければいいのか、何を考えなければならないかが非常にわかりやすく書かれている。

具体的な技術を勉強したりツールなどの購入をする前にこれを読んでどこから手をつけるかどういう道筋なのか考え始める糸口とするのに役立つ。
タグ:書籍 ゲーム
posted by 永遠製作所 at 23:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPod touch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428253099
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック