2016年08月28日

iOSシミュレータのデータフォルダ


Xcode7からだろうか?シミュレータで実行した時のデータを保存するフォルダの位置が変わった。

/Users/【ユーザ名】/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/【シミュレータデバイスID】/data/Containers/Data/Application/【アプリID】/Documents

【シミュレータデバイスID】、【アプリID】はそれぞれ任意のUUIDが付されるのでなかなか人間がその文字列を見てiPhone6sのフォルダだなと、今開発中のアプリのIDがこれだなと判断するのは難しい。

例えば「4C939428-F8A9-4460-9C30-16D1F8896224」のような文字列になる。

デバイス名はUUIDのフォルダ名の下の「device.plist」中に書かれている。

【ユーザ名】が john とすると例えば下記のようになる。
/Users/john/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/4C939428-F8A9-4460-9C30-16D1F8896224/data/Containers/Data/Application/0C73FCD2-16C2-4E96-A3E5-E3A0EF755D88/Documents

ユーザー毎の「ライブラリ」フォルダはこれもいつのころからだったか(Marvericsかな?)不可視ファイルとなっているのでフォルダに移動するには、「ファインダ>移動>フォルダへ移動…」やターミナルから開くなどの方法が必要。

アプリケーション名はバンドルフォルダのほうを見る必要がある。

/Users/【ユーザ名】/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/【シミュレータデバイスID】/data/Containers/Bundle/Application/【アプリID】/【アプリ名】.app

各国語のアプリケーション名を知りたければアプリケーションバンドルの中のInfoPlist.stringsを見る。

/Users/【ユーザ名】/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/【シミュレータデバイスID】/data/Containers/Bundle/Application/【アプリID】/【アプリ名】.app/【言語ID】.lproj/InfoPlist.strings

データフォルダではなく、一時保存ファイルはtmpフォルダにある。

/Users/【ユーザ名】/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/【シミュレータデバイスID】/data/Containers/Data/Application/【アプリID】/Documents

/Users/【ユーザ名】/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/【シミュレータデバイスID】/data/Containers/Data/Application/【アプリID】/tmp/
posted by 永遠製作所 at 15:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPod touch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441424591
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック