2017年11月11日

Fall 2017 | Session 601 | Face Tracking with ARKit

7:25
https://developer.apple.com/videos/play/fall2017/601/


iPhone Xから導入されたARKitがどのような場面で使われるのか。使用する場合の手順の概要を示す。が、何ができるかとどういうクラスがあるのかの概要。そして、どういう手順か程度の解説だけで具体性がないので、ちょっとこれだけでは使えそうにない。あくまでも入り口だけ。


□Common Usage
Selfie effects
Face capture

□Getting Started

ARConfiguration
ARSession
AVCaptureSession
CMMotionManager
ARFrame

ARFaceTrackingConfiguration
ARFaceAnchor
ARFaceGeometry
ARSCNFaceGeometry
ARBlendSapeLocation
ARDirectionalLightEstimate

AVDepthData



ラベル:Fall2017 iphonex ARKit
posted by 永遠製作所 at 20:11| 東京 ☀| Comment(0) | WWDC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。