2017年11月24日

Fall 2017 | Session 203 | Updating for Apple Watch Series 3

12:22
https://developer.apple.com/videos/play/fall2017/203/

Apple Watch Series3 では単独でcellular connectionをもつことができるようになった。この機能を使うときの注意点について述べている。

□URLSession

ネットワーク接続時に使うクラス。ネットワークアクセスが可能な時にのみ使う。
WKExtension クラスを使えば、connection typeがわかる。
小さいデータの転送に使う。
転送は保留させる可能性がある。
新しいデータが到着するとアプリが前面に起こされる。


□Bset Practices

SCNetworkReachablitilyを使うより、 waitsForConnectiovity を使う。
applicationWillResignActive() のときに、リクエストをキャンセルする。
複数のタスクがあっても単一の URLSession 共有して使う。

□Watch Connectitvity
Use for initial setup
Background transfers
Update application context for newer data


□Barometric Altimeter

Core Modtionデータをどのように使うかをサンプルコードで示す。

CMAltimeter
CMAltitudeData

9:50〜コード例




posted by 永遠製作所 at 18:55| 東京 ☀| Comment(0) | WWDC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。