2008年03月30日

Leopard では Excel v.Xが起動しない

Leopardにしてから新規の表計算はNumbersを使っていたのですが、他の人からもらったExcelファイルを読むためにExcel Office Mac v.Xを起動しようとしたら「メモリ不足のため、起動できません」というダイアログを出して起動しませんでした。

あれ?と思い、Macを再起動したのですが同じ。Wordは起動します。どうしたかと調べると、Leopardでは実行できないようです。
http://atomhi.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/leopard_dcbd.html

あきらめてOffice Mac 2008を買うしかありませんね。今まで買う理由がないので放置していましたが仕方ありません。お金ないときに困るなあ。

といいつつ、そのファイルはNumbersで開けてしまったので今すぐは買う必要がないんですけどね。
posted by 永遠製作所 at 16:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Leopard | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック