2009年01月24日

備忘録:三十俵二人扶持

1.江戸時代の武士の給与体系には「知行取り」と「蔵米取り」の区別があった。

知行取りは石高表示される。特定の知行地を所領として与えられ、租税として取り立てる他、行政権・警察権や農民を使役する権利を有する場合がある。所領の住民からは「うちの殿様」などと呼ばれることもある。地域や藩によって違いはあるが石高のうち徴税割合は四公六民が一般的と言われている。

蔵米取りは俵で表示される。藩主が一括して徴収した現米を藩の蔵から支給される。支給は毎月……ではなく春2月に4分の1、夏5月に4分の1、冬10月に2分の1。

2.扶持米とは毎月月割りで支給される現米で1人1日5合で計算される。

3.米の単位換算

1石=10斗
1斗=10升
1升=10合
1俵=4斗
つまり1石=2.5俵です。

ちなみに
1合=0.18039 リットル
1升=1.8039 リットル
1升=2401÷133100㎥
1斗=18.039 リットル
1石=180.390 リットル

4.三十俵二人扶持

知行取り1石は1石=2.5俵でそのうち4割が取り分なので2.5俵×0.4=1俵で、蔵米取り1俵に相当することになります。

蔵米30俵は30石と同額の収入になります。

1人扶持は1年が360日とすると(江戸時代の暦では1年の長さは様々)
360日×5合=1800合=180升=18斗=4.5俵

2人扶持だと9俵になり、知行取りでは9石になる。

30俵2人扶持は39石の知行取りと同等の収入ということになる。
posted by 永遠製作所 at 02:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

iPhoneプログラミング講習会(大阪)

大阪で2月16日(月)にiPhoneプログラミングの講習会(有料)が開催されます。
http://www.recrear.jp/?eid=856741

時間割を見ますと基本からみっちりやる感じですね。東京では色々セミナーなどありますが、大阪など地方ではあまりこういう機会はありませんから、時間とお金と興味のある方は参加してみてはどうでしょうか?
posted by 永遠製作所 at 17:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cocoa勉強会九州1月例会のお知らせ

Cocoa勉強会は現在、関東・関西の他に九州にも存在しています。というか昨年末立ち上がったばかりで、まだ参加人数も少ないようです。

今回の一月勉強会には、私は参加できませんが、お近くの方で都合が良い方は、是非、参加をご検討ください。

日時:2009年 1月31日 (土) 13:30-16:30
場所:福岡市男女共同参画推進センター・アミカス 研修室F
(福岡市南区高宮3-3-1; 西鉄高宮駅すぐ)
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=33/33/50.032&el=130/24/58.804&scl=10000&bid=Mlink
内容:未定
http://kyushu.cocoa-study.com/

よろしくお願いします。
posted by 永遠製作所 at 14:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

米1年分

お米一年分というがそれはどれくらいなんだろう。という疑問を時々持つ。でも、すぐに忘れてしまう。ので、将来またそれを思い出した時に、ああそうだったのかと思い出せるように記録しておきます。もらったとうい経験談ではないので推定ですけどね。

日本人の平均消費量から考えてみます。

http://www.maff.go.jp/soshiki/kambou/kouhou/guidebook/guidsepa-12.htm
……によると、平成16年で日本人1人平均約62kg消費しているらしい。

ということは米1年分は62Kg。以上。


となってしまうと面白くないので、他のことも考えてみます。続きを読む
posted by 永遠製作所 at 15:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

iTunes Storeブログパーツ

iTunes Storeのブログパーツが公開されたので、どんなものか試しに貼ってみる。

posted by 永遠製作所 at 20:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする