2008年08月17日

iTableChecker 1.2r1をリリースしました。

iTableCheckerは、iTableの未読数をチェックするためのアプリケーションです。

iTableは、Web上でグループコミュニケーションのための新しいサービスです。
http://www.itable.jp/

このアプリケーションを使うためにはiTableのアカウントが必要ですが、iTableのアカウントは無料で取得できます。


バージョン1.2では、以下の新機能を実装しています。
・パスワードをキーチェーンに保存できるようにした。
・パスワードを保存している場合、アプリケーションを起動すると自動的にログインできるようにした。
・ログイン項目に登録して、ログイン時に自動的にアプリケーション起動できるようにした。
(ログイン項目に登録していると、ネットワークに接続するタイミングによってはログインに失敗することがあるかもしれません。その場合にはログイン項目から外してください)
・スリープからの復帰後などで、サーバーとの通信がセッションタイムアウトになっているときに、自動的に再ログインする処理を追加した。
(スリープ復帰時にネットワークにすぐ接続できない場合などには、エラーになります。また再ログインまでは少々時間がかかります)



iTableCheckerはGrowlに対応しています。新しい未読トークが追加されたときに、よりリッチはユーザーインタフェースでお知らせします。


iTableCheckerは
ここからダウンロードできます。


このブログ項目のコメント欄に不具合情報などを書いてくださると助かります。コメントは管理者が承認後に公開されますので、非公開にしたい方はタイトル部分に(非公開)と書いてくだされば公開しません。
posted by 永遠製作所 at 18:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

EvernoteでShift JISページをクリップ

Evernoteの便利な機能として、今Webブラウザで表示しているページを簡単にクリップして自分のノートとして保存しておける機能です。

これができる以前には、ブックマークするのが通常でした。がその場合には次に必要になった時に読み直そうとすると、ページがなくなっていたりして困ったことになります。

これを回避するために、htmlやテキストでローカルに保存するとファイルを探すのが大変だったり、cssや画像が保存されずに表示がおかしくなることになりがちです。

Webアーカイブの機能が使えることもあったのですが、フォーマットが変わったのか大昔のアーカイブは開けないし、最近のものだっていつアーカイブが開けなくなるか不安です。

PDFに保存するのは結構いい方法です。Spotlightでの検索対象にもなります。でも、ページ単位で切り取られるのでページ境界あたりが読みにくくなることもあるんですよね。

その点、Evernoteはブックマークバーにclip to Evernoteのリンクをつけておけば、クリックするだけで保存でき大変便利です。

複数ページの情報をつぎはぎして情報を整理する場合には、選択してアプリケーション版のEvernoteでペーストしていくと、ブラウザ上で見ていたそのままで必要箇所だけ集めることができて非常に見やすくできます。

でも、そんなEvernoteにも日本語ページには注意が必要です。ブラウザ上でちゃんと表示されていたとしても、clipしたあとアプリケーション版でそのノートを表示してみると文字化けしていることがあります。どうも、文字コードの処理をちゃんとしていないみたいで、文字化けページは調べてみるとShift JISばかりでした。EUCやJISなどのページがちゃんと処理されているかどうかは未確認ですが、とにかくShift JISはだめみたい。

この場合、単にclipするのではなく、ブラウザ上で「コマンド+A(つまり全選択)」してからclipすると文字化けすることなくちゃんと保存できるようです。

もちろん必要箇所だけ選択してclipするのもいいです。







posted by 永遠製作所 at 23:49| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

MacAppのネーミングルール

ちょっと古い資料ですが、昔まとめた「MacAppのネーミングルール」という資料が出てきました。


(1)すべての変数名と定数名は英子文字で始める
whichWindow

続きを読む
posted by 永遠製作所 at 13:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

Google Map & Ajax

『Googleマップ+Ajaxで自分の地図をつくる本 Google Maps API徹底活用』

Ajaxについてはほとんど触れられていません。Goolg Maps APIについても基本だけ。ほとんど、それを使ってPHPベースの地図情報システムのサーバーアプリケーションを作りましょうというもの。それなのに、かなり薄い。

もしかしたら、Google Maps APIは強力ではあるが単純なものなので語るべきことがそれほどないのかもしれない。

一応、その薄いなかでも日本測地系/世界測地系についても言及しているし。Google Maps APIの基本はしっかり押さえているとみるべき。2000円を少し超える程度で具体例満載のこの本は非常に役に立つ(世界測地系に対応済みなのでその記述もいらなくなってしまっているんですけどね)。

でも、一番基本のキーコード取得のあたりの説明が不十分なのが難点。

それと、進歩の速いインターネット。すでにAPIはVer2になっていて、この本ではVer1の説明しかないのでVer2の機能はまったくふれられていないことになる。それでも、Ver1のAPIは今でも利用できるので、この本のサンプルは全部実行可能です。

はじめの第一歩としては十分役に立つ。PHPで作るシステムに興味がなくてもXML/XSLTなどを使うAPIのサンプルのためのものだと割り切ればどういう場合に使うのかよくわかるので決して無駄ではない。

Ajaxについて知りたい人の役には立ちません。


posted by 永遠製作所 at 00:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

スティーブ・ジョブズー偶像復活



アップルコンピュータの創業者でCEOかつピクサーのCEOであるスティーブ・ジョブズの誕生から今日(2005年初め)までを、ジョブズの人間性を中心にして描いた伝記。

これまでも色々な視点でジョブズについてあるいはアップル社について描かれた本は多いが、この本の特徴はなんといっても彼の独特のカリスマ性について焦点を当てている点。

アップル社が過去に成し遂げてきた偉業や今日の地位そして社風がこのようなものであることは、よくも悪くもジョブズの性格に起因している。もしかしたらコンピューター業界が今日の形であるのもジョブズの性格によるのかもしれない。

そしてiPodやiTMSで爆発的に音楽業界を変革し、ピクサーの大成功によりアニメーション映画にも多大な影響力を発揮するようになった。アップル社に興味がある人はもちろん、コンピューター業界・音楽業界・アニメーション映画業界に興味のある人すべてにとって読んでおいて損のない本だと思う。

本書を読んで改めてジョブズの生涯に成し遂げてきた事に感銘を感じるとともに、彼の下でだけは働きたくないなあとも感じた。

第三部後半当たりから事実を追いかける描写に終始して焦点がぼやけたようになっているのが残念なのだが、それは筆者の責任ではなく、ジョブズが丸くなって行動が突飛なものでなくなったせいなのかもしれない。
posted by 永遠製作所 at 21:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。