2011年01月28日

C言語の歴史(1)

ちょっと最近たまーにブログを書いたと思ったら買い物のレビューとか書籍のレビューとかばかりでなかなか中身のある記事を書いていませんでした。

そこでちょっとC言語の歴史を振り返ってみることにしました。2回に分けます。

1回目はC言語の祖先と子孫についてです。2回目はC言語の発展の歴史の予定。

C言語はUNIXの実装用言語としてデニスリッチーによって開発されましたが、開発の参考にした祖先の言語がありました。その系譜を図示したのが以下です。


CHistory.png

《C言語の起源をめぐって》
http://www.lbm.go.jp/toda/comp/corigin.html
こちらに直系祖先についての記述があります。

図中の各言語についての説明を以下に示します。またMac OS Xで実行可能な処理系がフリーで入手可能であればそれについても示します。


詳しくは下記
ラベル:C言語
posted by 永遠製作所 at 01:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする