2016年01月28日

WWDC15 - 104 What's New in Xcode

What's New in Xcode
WWDC 2015 | FEATURED | Session 104
https://developer.apple.com/videos/play/wwdc2015-104/

※WWDCセッション関係の記事は、セッション内容を要約して内容を伝えるのが目的ではない。各セッションビデオで何が話されているかの項目をテキスト化することで後で何かを調べたいときにどのビデオを見れば良いか判断する材料にするために書いている。

このセッションは概要セッションなのでほとんどの項目は詳細を別のセッションで説明しなにが導入されたか更新されたかの紹介のみとなっている。

続きを読む
タグ:WWDC Xcode
posted by 永遠製作所 at 12:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | WWDC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

【書籍】アプリ内課金+広告iphoneプログラミング




iOSアプリケーションで収入を得るには、
・アプリケーションを有料で販売する
・アプリケーションを無料で配布して、アプリ内広告をつける
・アプリケーションは無料で配布するが、アプリ内課金で

1番目の方法は普通にアプリを作って、App Storeにアップロードして料金を設定すればいい。

でも他の方法で収入を得るにはアプリを作るときに一手間必要。この本ではその実装時の作業を教えてくれる。

実際に動くコードサンプルだけではなく、きちんとその仕組みから図を使って教えてくれている。
続きを読む
posted by 永遠製作所 at 23:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPod touch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

【書籍】ゲームプランナーの新しい教科書

『ゲームプランナーの新しい教科書 基礎からわかるアプリ・ゲームの発想と仕掛け』を読んだ。




iOSの開発本とは少し違うが、ゲームも専用機やパソコンではなくスマホやタブレットで遊ぶものが主流になってきている。そんな時代にまったくゲーム開発したことがない人向けにゲーム開発のイロハがわかるように書かれた本。


続きを読む
タグ:書籍 ゲーム
posted by 永遠製作所 at 23:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPod touch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

GUI設定ファイルから文字列を取り出して他言語対応


/usr/bin/ibtool
を使う。

ストーリーボードファイルから、文字列を抽出するには以下。strings形式のファイルが作成される。

$ ibtool --export-strings-file Main.strings ./Main.storyboard


ibtoolは上記の他に、コンパイルを行うなどXIB/NIB関連の様々な操作が可能。

 --export-strings-file stringsfile
Extract the localizable strings from the Interface Builder
document into stringsfile in the format expected by --import-
strings-file.

posted by 永遠製作所 at 17:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone/iPod touch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

MacでMP3ファイルをiOS向けにcafファイルに変換するには(オーディオファイルフォーマット変換)


iOSアプリの開発時にBGMデータであったり何らかのエフェクトサウンドであったりのデータを組み込むことはよくある。この場合、iOSでは色々なファイルフォーマット変換をサポートしてはいるが、あらかじめiOSでの再生に最適化されたデータであったほうがよりよい。そのiOSアプリ用のサウンドフォーマットが .caf だ。

独立開発者であれば、BGMなどのオーディオデータは有料無料は別にして素材集や素材提供サイトで入手することが多いと思う。となると、そこで.cafフォーマットのデータが提供されていると期待するのはちょっと期待しすぎというもの。おおくはMP3ファイルだけ、あってもWAVやAIFFではないかと思います。

そこでそのような広く使われているフォーマットのデータをダウンロードして、cafファイルに変換して組み込むことを考える。

その時に使うのがOS Xに標準で組み込まれているコマンド afconvert だ。

$ which afconvert
/usr/bin/afconvert
続きを読む
posted by 永遠製作所 at 20:28| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac OS X | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする